名古屋のキャリアカウンセリング・MC

Fleur de vie|名古屋のキャリアカウンセリング・MC

自分に向き合うと

皆様こんばんは。

3月に入り、春らしい陽射しを感じることが増えました。

ダウンも手放し、そろそろ春にむけて衣替えもしなくてはいけないなあと思っているところです。

 

また今日は電車の中、歩いている時、そこかしこでくしゃみ連発という方々に遭遇いたしました。晴天で風が強いと辛いですよね…授業中も鼻を噛む学生さんが増加しています。

私はなんとなくマスクをしていますが、まだ花粉症ではありませんのでなんとか持ちこたえたいと思っています。

 

就活がスタートして数日

私のもとにはたくさんの就活生から連絡があります。

持ち物のこと、身だしなみのこと、添削の依頼…一度でも講座を受けた方やなにかしら接点があった方々のことは求められれば話しは聞きます。ただなにもかも受け入れるのではなくどうしても必要があれば、というところを守っています。

自分で考えて悩むこと、その結果失敗することも大切だと思うからです。自分の人生だから、目一杯考えてほしいですし、考えて決めたら悔いはないと思うのです。

そんな中、就活では自分に向き合うことになるためそこで葛藤し苦しむ人もいます。

時には涙したり、もがいている姿も見ます。

 

でも、それは真剣だからこそ。

決して無駄な苦しみでも意味のない涙でもないと思っています。

私は大学1年生のとき、今輝いていない自分であることに気づかされたことがあります。

精力的に、主体的に、アグレッシブに過ごしていた高校時代とうって変わって、ただ時間を過ごしているだけの自分。それについて何も考えていませんでした。

ですが、人の言葉ではっと我に返り、これまでの過ごし方を恥じました。

楽しかったような気がしましたが、何も得ていないなと19歳の丁度春に、気づかされたわけです。

そこから歩く道を拓こうとそれなりに頑張ってきたつもりではありますが、まだまだもっとやれば良かったことばかり。

ただその葛藤も、壁も、だらだらしていた時期も必要だったんだと今はわかります。

 

自己分析によって初めて【自分】をみつめ、【自分】を俯瞰的に見ていくことでもしも落ち込んだとしても、それはこれから羽ばたくために必要な壁であり、いい気付きの瞬間。

ここから変えていきたいなら変えればいいんだと言うことを伝えたいなと今、思っています。

 

自己肯定感をUPしたい方は、4/7キャリアトランプ®️無料体験からスタートしませんか?

セミナー案内はこちらから

 

 

ページトップ